เราสังเกตเห็นว่าคุณกำลังใช้เบราว์เซอร์ที่ไม่สนับสนุน เว็บไซต์ TripAdvisor จึงอาจแสดงผลอย่างไม่ถูกต้องเราสนับสนุนเบราว์เซอร์ต่อไปนี้:
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
1376 Amatsu, Kamogawa 299-5503 จังหวัดชิบะ
จองเลย! ห้องพักของโรงแรมนี้กำลังจะขายหมดแล้ว
เช็คอิน— / — / —
เช็คเอาต์— / — / —
จำนวนแขก1 ห้อง, ผู้ใหญ่ 2 คน, เด็ก 0 คน
ล็อกราคาที่ต่ำที่สุดจากเว็บไซต์เหล่านี้
JAPANiCAN.com
US$320
ดูข้อเสนอ
Trip.comUS$320
Expedia.com
Travelocity
Orbitz.com
Agoda.com
Rakuten Travel
ราคาเป็นราคาเฉลี่ยต่อคืนที่พันธมิตรของเราเป็นผู้ให้ข้อมูลและอาจไม่รวมภาษีและค่าธรรมเนียมทั้งหมด ภาษีและค่าธรรมเนียมที่แสดงไว้เป็นการประมาณการเท่านั้น โปรดดูเว็บไซต์พันธมิตรของเราเพื่อศึกษารายละเอียดเพิ่มเติม
นักท่องเที่ยว (99)
ห้องพักและห้องสวีท (20)
ห้องอาหาร (16)

ข้อมูล

ตำแหน่งที่ตั้ง
สะอาด
การบริการ
ความคุ้มค่า
ข้อมูลที่ควรทราบ
ระดับของโรงแรม

ตำแหน่งที่ตั้ง

มุมมองเต็มรูปแบบ
ติดต่อ
1376 Amatsu, Kamogawa 299-5503 จังหวัดชิบะ
ชื่อ/ที่อยู่ในภาษาท้องถิ่น
การเดินทาง
ท่าอากาศยานฮาเนดะ58 กม.
ท่าอากาศยานนาริตะ75 กม.
ดูโรงแรมใกล้เคียงทั้งหมด
23รีวิว0คำถาม-คำตอบ0คำแนะนำเกี่ยวกับห้องพัก
คะแนนโดยนักท่องเที่ยว
  • 9
  • 8
  • 6
  • 0
  • 0
ช่วงเวลาของปี
ประเภทของนักท่องเที่ยว
ภาษา
ตัวกรองที่เลือก
  • กรอง
+1
9月の平日に妻と宿泊しました。 昨年も鴨川の宿中屋に泊まりがっかりしたので、リベンジも兼ねてネットで調べて料理とサービスが良いとの評価が多かったこの宿にしました。 部屋に半露天風呂というあたご庵天津風に宿泊予約。 一人23,800円のプランでした。 到着してみるとネットで見た感じよりコンパクトな宿。 大きめの民宿といった方が良いかもしれません。 あいにくの雨でしたが、到着すると男性が傘をさして出迎えてくれて、車もまぁバトラーサービス的に預かってくれ、駐車場に寄せてくれるようでした。 9月の平日ということもあり空いているようでした。 チェックインの際には、宿泊者は40分利用できる貸切露天風呂の予約を勧めてくれましたが、屋根も洗い場も着替えるところもない雨ざらしらしく、この雨の中わざわざ入るほどではないと思いお断りしました。 夕食と朝食の時間を予約して部屋へ案内してもらいました。 女性は浴衣を選べるとネットには書いてあったのですがそこは説明もなく浴衣の前はスルー(笑) 部屋に入ると縦長半分フローリング、半分琉球畳風の作り。 畳の上ソファが置いてありました。 このソファが安普請で座るたびにキュッキュッと音がうるさく、柔らかすぎて腰が痛くなるというものでした。 これなら座椅子の方が良かったな。 テレビはベットルームにもリビングにもありました。これは嬉しいですね。 洗面台とトイレが一緒になっており、これは朝など不便でした。 結婚前のカップルが利用したら困るだろうなと妻と笑ってました。 ウエルカムドリンク的なつめたいびわ茶が運ばれてお茶受けはタイせんべい。 あんまり嬉しい組み合わせではなかったな。 部屋の説明を受けて、その時に女性の浴衣の説明がありましたが、部屋に来る前に説明して欲しかったですね。 なので面倒なので選びませんでした。 さて部屋からのビューは民家に囲まれているので何も見えません。 隣近所が近すぎてブラインドすら開けるのが嫌で一度も開けませんでした。 なので閉塞感があります。 wifi完備なんですが設定しても電波が弱くほとんど繋がりませんので期待しない方が無難です。 困ったのはドアが倉庫の鉄ドアみたいな作りで開け閉めがうるさい上に内鍵がないのでいつ開けられるか怖かったです。 部屋風呂も半露天風呂ではなく広めの内風呂です。大きさは170センチの男性がゆっくり足を伸ばせる広さで気持ち良かったです。 硫黄の匂いがしたので温泉なのかな? 循環式でいつでも入れたのでこれは良かったです。 しかしシャワーの水圧は弱めです。 食事の前に貸切ではない屋上にある露天風呂に行ってみました。 屋根も更衣室も洗い場もあるということだったのですが、エレベーターから露天風呂までが屋根がなく雨で濡れちゃいました(苦笑) 露天風呂からのビューもまぁそんなに大したことはないです。 立ち上がると周りからは丸見えです(笑) さてお楽しみの夕食です。 今回は空いてたので客室を使って食事ができました。 本館の3階なのでこちらの方が民家が邪魔にならずビューは良かったかも(笑) テーブルには料理がすでに並んでます。 今回アワビと上総牛が選べたので、妻とそれぞれをチョイス。 アワビはデカイ(笑) 厚みも2センチぐらいあったかも。 妻は地獄焼きでしたがアワビが厚すぎて固形燃料1個じゃ足りない感じでした(笑) 上総牛は自分で鉄板で焼くんですが、柔らかくて美味しかったです。 固形燃料で焼くのはもう一つさんが焼きでした。 臭みもなく美味しかったですが、好みが分かれる一品ですよね。 刺身は盛りが半端じゃないです。 ブリ、ヒラメ、マダイ、金目鯛、もう一品チョイスできた伊勢海老と普通なら二人前ですと言われてもおかしくないくらいの量が一人前でそれぞれに出ているには驚かされました。 しかし、配膳準備の都合からか冷製料理が多いのが気になります。 茶碗蒸し、煮物も冷製(笑) カツオのサラダとなすとウニの煮浸しみたいなのも冷製(笑) どんだけ冷製なんだと思うほど。 脳が受け付けないんですよね、本来温かいものであるはずの料理が冷製だと(笑) 味は悪くないんですが、構成をもうちょっと考える必要はありますよね。 程なくして見事な金目鯛の煮付けがきます。 これも大きさといい名物なのでしょう。 この塩梅で女将が食事場に挨拶に。 キンメが名物なのでご飯もたくさん炊いて準備してるので召し上がってくださいと嬉しいお言葉(笑) しかしすでにお腹は崩壊寸前(笑) ご飯は釜炊きのマダイの釜飯。 生姜が効いて美味しかったのですが、釜飯を出された時に何も言わずに金目鯛の煮汁がたっぷり残った皿を下げられてがっかり。 釜飯にちょっと煮汁をかけてとか、女将さんが言ってたみたいに白米お代わりもあるかなんて考えも一瞬でパー(苦笑) 経営側と現場に意思の疎通ができてないんだなと感じました。 また、この旅館はSNSサービスと称して、#蓬莱屋旅館とつけてインスタ、ツイッター等に写真をアップしたら生ビールかソフトドリンクサービスと部屋の中に謳っていましたが、食事中に仲居さんからそれを確認されることもなく、無駄なサービスを謳ってました(笑) 最後に自分で作るところてんのクリームみつまめはあんこが美味しかった。 夕食は確かに新鮮な魚介がこれでもかと出てきますが、メニュー構成が残念で、地の利を生かしたものをたくさん出しただけという結果かな。 サービス員の接遇も相まって、料理が印象に残らないんだよね、残念ながら。 これは経営側の想いが従業員に伝わっていない典型的な独りよがりパターンでしたね。 でも部屋風呂が快適で何度も入れたのが救いでしたね。 で、朝食は誠に残念(笑) 本当に民宿の朝ごはんって感じ。 食事場所が大広間に4組詰め込む感じだったのですが、すでに子供が大暴れしてる中に放り込まれました(苦笑) せめて家族連れは昨日の夕飯で使った個室に入れてくれよ。 朝から食事に飽きた子供の大声の中で食事させるなって感じです。 子供の大声に耐えながら食事するならこの宿は選んでないですよ。 まぁそんな中で、料理は全部出てますので、煮物は冷たいし、サラダ的なステック野菜は乾燥してパサパサ。 ネットで高評価の金目鯛のなめろうなんて表面が乾いちゃってるし(苦笑) 一緒に出てるイカ刺しもグデグデです。 イカ刺し出す必要なんてないけどな。 それと伊勢海老の頭が入った味噌汁を僕はありがたいと思いません。 それは昨晩に誰の食卓に出された伊勢海老の頭かわからないものを椀の中に入れられるのは正直苦痛。 アジの干物は一度焼いてるのを固形燃料で温め直す感じなのでね。 どれもこれも美味しいと思えるようなものはなかったです。 まぁ隣で大声で子供が騒いでるので食欲も失せますが、それを上回る旨さがあるものは一つもなかった。 常々宿泊施設は朝食が重要だと思っています。 最後に印象付けるのは朝食なんですから。 ここでありきたりのことで済ますとリピーターは一向に増えないということを理解しないとダメですよね。 海水浴でも釣りでもなく、部屋と料理を期待して県外から行く宿泊客が期待してるものではないかもしれません。 接客は女将とかその旦那さんみたいな人は凄い愛想も良くいい感じでした。 仲居さんも愛想は悪くないんですが、想いが統一されていないので残念。 来年リピートするかと聞かれれば、我々には鴨川は鬼門だなと言うのが答えかもしれません(笑)
อ่านเพิ่มเติม
+1
全体的は良いと思います! サービスは良くで接客はかなり丁寧でほぼリクエストを応える 料理はこの値段ではかなり美味しいし、高級食材を使ってる 貸切風呂、露天風呂は良かったですがちょっと狭い感があり、風呂も少ないのはちょっと残念。しかし風呂から眺めるオーシャンビューは最高
อ่านเพิ่มเติม
+1
鴨川シーワールドへ遊びに行った際、家族3人で宿泊しました。 妻の友人からの紹介で選んだ宿で、料理に関しては特に良い話を聞いていたので楽しみに訪問しました。 到着後、貸し切りの露天風呂にみんなで入りましたがいい湯加減で気持ちよかったです。 夕食は食事処でいただきました。 が、既にテーブルの上には所狭しとお料理が並んでいて…。 温かい料理はコンロで調理するものと食事の流れを見て出してくれるものもありましたが、少し味付けが濃いと感じるものやアツアツで提供されないものもあり、少し残念でした。 日の出を見たくて朝早くにもう一つの露天風呂に行きました。 こちらは景色も良く、日の出も綺麗に見えました。 貸し切りの露天風呂の方にはなかったボディーソープやシャンプーなどもありましたし、貸し切り状態でゆっくりできてとても良かったです。 朝食は夕食と比べ、美味しくいただきました。 こちらの旅館で出していただいた料理の中では朝食で提供していただいた金目鯛を使ったなめろうが一番美味しかったです! 女将さんや仲居さんの接客はとても気が利いているし、基本的な部分はとても良い宿だと思います。
อ่านเพิ่มเติม
こじんまりとした良いお宿でしたよ。 従業員の皆さんも笑顔絶やさずって感じで。 お料理は美味しいかったことは美味しいのですが、ちょっとボリュームがなかったかな。その分がっかり。 お風呂もこじんまりとしているけど、眺めと泉質も良くて良かったです。 早朝トンビの鳴き声を聞きながら入浴なんてなかなかないからね。 過度な期待をせずに普通に行けば普通に良いお宿です。
อ่านเพิ่มเติม
あたご庵天津風というお部屋に二人で宿泊しました。改装した様子で綺麗で気持ちのよい部屋とお風呂。お料理がどれも美味しく食べきれない程でした。夕食は、二人で落ち着いて頂けたのですが、朝食も食べきれない程。朝食を頂く場所が大広間でガヤガヤとしていたのが、少し残念でした。朝食なので、美味しい物を少しだけで。静かな雰囲気で食べれたら、満点という評価でした。
อ่านเพิ่มเติม
ก่อนหน้า
ช่วงราคา
US$159 - US$741 (ตามราคาเฉลี่ยของห้องมาตรฐาน)
ตำแหน่งที่ตั้ง
ญี่ปุ่นคันโตะจังหวัดชิบะKamogawaKominato Onsen
จำนวนห้องพัก
13
นี่คือข้อมูลสถานที่ให้บริการของคุณบน TripAdvisor ใช่ไหม

คุณเป็นเจ้าของหรือผู้บริหารสถานที่ให้บริการแห่งนี้ใช่ไหม อ้างสิทธิ์รายชื่อธุรกิจของคุณเพื่อตอบรีวิว อัปเดตโปรไฟล์ และอื่นๆ อีกมากมายได้ฟรี

อ้างสิทธิ์รายชื่อธุรกิจของคุณ